採用情報Recruit

仕事をもっとおもしろく!
チャレンジャーなあなたを全力で応援します

仕事もプライベートも、毎日を楽しみたい。そんなアクティブな人材を大募集!
「やってみたいこと」「チャレンジしたい取り組み」には、全社でサポートします。
1年後、5年後、10年後のあなたを、見守りたい。掛けてみたい。
「できない」ことも「できる」に変える。
あなたの力で、「おもしろい」仕事を作ってください。

  • 採用情報

    採用情報
    Recruit

  • 先輩の声

    先輩の声
    Senior Voice

  • 制度・取り組み

    制度・取り組み
    System

先輩の声Voice

営業部 課長
的場 俊文
[新卒採用・2011年入社・関西国際大学教育学部卒]

的場俊文

「若いうちにしかできないこと」に挑戦できる場所。

もともとスポーツ系の専門学校に通っていたんですが、教師になりたくて大学に編入しました。これでも教員免許もありますし、福祉の資格も持っているんですよ。でも就活の際、進路指導の先生に「若いうちしかできないことがあるんじゃないか」と言われて。そして紹介されたのが、この会社でした。
もともと、市場に対してはあまりいい印象は持っていませんでした。ガラが悪そうだし、人間関係もギスギスしているんじゃないかと。でも、少なくても会社の中は全く違いますね。職場の雰囲気はとてもアットホームな感じです。みんな気さくに話しかけてくれるし、困ったこと・迷っていることなんかも年齢や職制、部署、役職関係なく相談しやすいですしね。
4年目で係長に8年目で課長に昇進しました。やっている仕事は変わりませんが、この若さで役職につけるのも、丸促ならでは…なのかもしれません。

的場俊文

「伝承の技」と独自の「アンテナ」で勝率アップを目指す。

入社した頃は、まだ会社としても成長の過渡期だったので、僕の営業の師匠は社長でした。社長には、市場のこと、商品のこと、相場のこと、商売のノウハウをすべてイチから教わりました。
野菜の相場は日々変化します。需要と供給のバランスなんかも兼ねるんですけど、相場の読みは教えてもらうだけでは当たりません。天候のことだけでなく、様々なものが要因となるから。広い視野で判断していかないといけないんです。営業をしていて、それが一番難しく厳しいところだと思いますね。外れた時なんかは「やっちまった感」半端ないですから(笑)
それでもうまく自分の思った額でお客様と商談できたり、その結果、お客様も「商品が売れた」と喜んでいただけたりしたら、「やった!」という達成感を味わえます。僕が担当している量販店は大手スーパーや百貨店など5~6社ですが、取引も大きい分、担当品目に関しては責任もって臨んでいますね。

的場俊文

「いい」と思うことにはどんどん挑戦したい。

仕事で一番気をつけているのは、品質管理です。もちろん、品質については僕ら営業が管理しなくても他部署で厳重に管理してくれているんですが、最初に取引をするのは僕ら営業ですから。買った段階でハズレがないか、変色したりしていないかは、できる限り自分の目で確認するようにしています。それはお客様に対しての礼儀だと思うんですよ。
今、丸促では大阪泉州や長野川上など、直接取引させていただいているJAさんがあります。よりよい商品を確実に提供させていただくためにも、もっとJAさんのような直接ルートも開拓してみたいですね。今僕が担当するのは25品目。だいたい8~10品目はコンスタントに動いています。それらのパイプが太くなれば、よりよい品をお客様に届けられるじゃないですか。
僕はいつも自分らしく行動したい。いいと思ったことは、どんどん挑戦したい性分なんです(笑) ここは、それを許して応援してくれる会社なんですよね。

業務課
水垣 靖彦
[中途採用・2014年入社]

水垣靖彦

仕事を終え朝日を浴びる瞬間が、“至福”のとき。

僕の勤務は、毎夜12時から。みんなが寝静まった頃に始動します。
僕が担当しているのは量販店向けの商品の分荷作業と出荷手配で、店舗ごとに決められた商品を決められた時間に出荷します。量販店は店舗が多いので、分荷作業も大変です。毎晩出勤すると、各店舗への品目と数のリストがやってくる。それを見ながら、どう時間内に全商品をトラックに積み込むか段取りを考えるんです。毎夜12時には商品が市場に入ってきますが、たまに入荷が遅れることもあるので、その都度段取りを組み直して調整します。全ての商品が搬出されるまでは気が抜けませんが、効率のよい段取りを考えているときはパズルをしているようなゲーム感覚がありますね。
全て順調に作業が進んで、時間通りに全てのトラックが出発する瞬間、朝日がサーっと市場に流れ込むんです。この時間が一番充実していて、「今日もやったぞ!」って気になりますね(笑)

水垣靖彦

「やりがい」は、見守られながら経験を積んだ証。

入社したての頃、業務課の仕事は単なる配送だろうと高をくくっていたんです。でも実際に現場に出てみると、やることはたくさんありました。
最初は簡単な作業から…でしたが、そのうち先輩の作業を見ていたら自分もやってみたくなって。「やっていいっすか?」と聞いた覚えはなくて、見様見まねで「やってみよう」と(笑) でも誰も「待った」をかけないんですよ。温かく見守ってくれて、できたら「じゃあこっちも頼む」って任せてもらえる。そうやって、少しずつできる範囲を増やしていった感じですね。
周りが温かく見守ってくれる環境っていうのも魅力のひとつじゃないでしょうか。僕も今では、積み上がった箱の山を見て目分量で箱数がわかりますからね。時間が勝負ですから、いちいち計算している暇はありません(笑)
「見てもらえてる」っていう安心感があるからできる。そして、できたときの達成感はすぐに「やりがい」に変わっていきましたね。

水垣靖彦

やる気があれば、可能性が広がる職場です。

僕はこの会社に入社する前、建設業界で10年とび職をしていました。野菜とは全く関係のない異業種からの転職なんですよ(笑) 最初はどうなることかと思いましたけど、今ではやりがいと達成感を毎日味わえてますね。
ありがたいことに、入社してすぐに加工場を1年経験させてもらったので、野菜の知識はそこで覚えました。業務課は男性ばかりですけど、加工場は女性がほぼ半分。職場の雰囲気も違うし、作業内容も細かいので気をつけることも多かった。でもこの経験で商品知識が身についたと思います。それまではフルーツトマトやプチトマトといった違いも意識してなかったですからね(笑)
野菜のことは全く無知な状態からでも、自分の与えられた場面で仕事を面白くすることはできます。やる気さえあれば、この会社はとにかくトライさせてくれる懐の深さがあります。異業種からやってきた僕のように、何か1つでも仕事の面白い部分を自分で見つけられれば、可能性はどんどん広がりますよ。

業務課
下川 達也
[中途採用・2017年入社]

下川達也

先輩に囲まれて、「市場」を「仕事」にする。

入社して間もない頃は、先輩について「補助」という形で作業を教えていただきながら、毎日できることを増やしていきました。今は商品の分荷作業や、出荷作業にも関わることがあります。
他の先輩の仕事ぶりを見ていると、「あれやってみたい」「自分もこうなりたい」という思いにかられることがあります。ここは、すごく生き生きと働いている方が多いんです。どの人も楽しそうというか。大変なことも多いし、人や荷物の行き来も激しいし、つねに真剣勝負だし、喧騒としているけれど、「あれができるようなったら、もっと楽しいんだろうな」って思いますね。
「いつか、あんな風に仕事がしてみたい」って思える人が周りにたくさんいる。仕事のお手本にしたい人たちに囲まれているのも、幸せなことですよね。

下川達也

「中途採用」はハンデにならない。だから安心して働ける。

僕は転職組みですが、前職は野菜とは全く無縁の業界でいました。その前にも転職経験があって。仕事を探しているときに、偶然、丸促の求人を見つけたんですが、当時からとても興味を持っていたことが2つあります。
ひとつは「市場」という現場のこと。面接時に市場の中を見学させてもらいましたが、朝の活気には圧倒されました。人も、トラックの数も、荷物の数も膨大で、目を見張るものがありました。みんな個性的だし、すごいところに来たなって(笑)入社してからもしばらくは、その混雑の中で他の人の邪魔をしないよう動くのが精一杯でしたね。
でも先輩方はすごく気さくに話しかけてくれるし、僕がやりやすいように気を使ってくださいます。野菜のことを知らなくても、中途採用でも、ハンデは感じません。役職とか、キャリア差を感じさせずに気軽に話しかけてくれるし教えてくださるので、皆さんの年齢もわからないくらい近い存在です。

下川達也

ほんの少しでも「興味」があれば、可能性は広がる。

もうひとつ、応募した頃から興味を抱いていたのは「自社農場」ですね。まだ漠然とした夢ですが、将来飲食の仕事をやってみたいと思っていた頃だったので、野菜を扱うだけじゃなくて、育てるところからできることにとても魅力を覚えました。僕はもともと大阪出身ですが、野菜を育てる機会なんて今までなかったですから。入社してもう何度か足を運びましたが、行くたびに面白い発見があって勉強になります。農業に少しでも携わることで、野菜を通して幅広い知識を得られるなぁという実感を持っていますね。
そうやって、毎日ひとつずつでも「できること」が増えていくのが一番楽しいです。先輩に教えてもらいながらだったのが「これやっといて」と任されるようになると、心のなかで「よっしゃ!」って叫んでしまう(笑)「(こいつなら)できる」と信頼されていくのがうれしいですね。
そういうことをもっともっと増やしていくのが、今の僕のミッションです。

営業部 事務課
西村 美智子
[中途採用・2008年入社]

西村美智子

喧騒した中でも一気集中できる、心地よさがあります。

仕事は主に、事務課で仕入れの伝票入力から請求処理、売掛金・買掛金の管理など。もともと同じ市場内の別会社で事務方をしていたこともあって、そのまま丸促でも事務を担当しています。でも学生の頃に簿記など一切習わなかったので、実務を通して少しずつやれることを広げていった感じですね。
出勤は朝の6時半。一般企業よりは早いですけど市場はもう動いている時間なので、席に着くとすぐ伝票が回ってきます。午前中は少し忙しいですけど、一気に集中して仕事をする感覚は個人的にとても好きです。
営業とのコミュニケーションはマメにとるようにしています。フロアが同じなのもあってお客様の電話対応は基本事務課で受けますし、お客様からスピーディーさを求められることもあるので、迅速に営業につなぐことはいつも心がけていますね。忙しいときも、メンバーで助け合いながら仕事をこなしています。

西村美智子

男性中心の市場内で「女性でも働きやすい環境」は魅力的。

「市場」って基本男性社会ですが、丸促には女性も結構います。事務では2名を除いて全員女性だし、近くの加工場も女性中心の職場ですが、業務枠を超えて女性でもフォークリストを運転します。女性だけでなく男性も含め、社員仲はとてもいいと思いますよ。
忘年会では、普段会う機会が少ない加工場のスタッフとそこで懇親を深めたりしています。事務課内でも女子会や飲み会もありますし、アフターファイブも充実していますね。
以前に比べて、市場の中も変わってきました。前職の会社も同じ市場内でしたけど、その頃は相当ごちゃごちゃして「すごいところに来てしまった…」と思ってました(笑) 丸促はその中でも変化がとても早いと思います。産休制度を使う人もいるので、女性も働きやすい会社だと思いますね。

西村美智子

「ご褒美休暇」があるから、仕事にも燃えられる。

丸促はこの10年ちょっとで急成長しました。私はその過程の中で仕事をしてきたんですが、成長するたびに責任感が増してきます。外からも「丸促はずいぶんと変わったね」という目で見られるし、いい意味でのプレッシャーがありますね。それが私のやりがいに繋がっているのかもしれません。
今、会社も変化の時期に入ってきています。働き方も変わったというか。4年前から「長期休暇を積極的に取得する」という方針になって、皆さん旅行やリフレッシュ期間に当てていますね。私も、人生初のディズニーランドへ友人と行ってきました。たったそれだけでも、とてもいい気分転換になりました。今度は友達と海外にでも行きたいですね。そういうご褒美があると思うと、働くことへの意欲もちょっと違ってきます。自分の働き方を見直す意味でも大事なことだと思います。今の目標は、次の「ご褒美休暇」を精一杯楽しむために、毎日の仕事を頑張ろうって感じですね。