業務紹介

仕入から流通、販売、取扱商品、加工内容 及び ご提案・コンサルティングなど
業務全般のご紹介ページです。

 

 





取扱商品
取扱商品担当者
丸促に入荷される商品は、市場流通のもの、契約産地から送られてくるもの、小分けされたもの、原体のもの、様々な流通・荷姿のものがあります。定番商品としては、決められた量目・容姿(梱包形態)で加工し、商談に合わせた数量を納品します。これに、特売商品での量目変更、新物の対応、トレーor袋詰め、産地シールetc. お客様のニーズに合わせた商品をお届けしております。 工業生産におけるジャストインタイム方式を模し、加工過剰・数量不足にならないように、各営業担当から事前商談や予想数量の連絡をもらい、加工部が数量コントロールするシステムになっています。
基本的に、24時間稼働しており、商談の内容変更や急な加工要請を受け付けています。 トレー加工には最新のパックマシンを導入し、半オートメーション化されたラインは、省力化と安定した加工を実現しています。 同時に、人の目で判断するための熟練した社員・パートのラインも用意し、必要に応じてライン強化しております。 弊社は、常にお客様のニーズに応えるべく、進化しております。皆様のご要望は、是非、弊社商品担当者にぶつけてみてください。ご希望に添えるべく、尽力いたします。
加工場は、第一、第二の2施設があります。土物は、第一加工場1階部に施設を構え粉塵対策を徹底しております。各加工場に冷蔵施設も常設され、加工前、加工後の商品の温度管理もしています。
原体供給されたトマトは、量目別にパック詰めされます。
出荷前には、ラベルチェックを行います。
促成野菜のトレー詰めは、前処理を行いパッキングマシンで加工します。
半オートメーション化されたラインは、トレー加工の効率をアップさせ、大容量の加工を可能にします。
...
ばれいしょは、計量し袋詰めされます。
袋詰めの加工は、コニクリップかパックシーラーにより袋とじを行います。