ピンチをチャンスに

流通部 西田佳浩

「現状のようなパンデミックは、過去の歴史と鑑みるとその期間はどうであれいずれは収束に向かいます」と専門家の方はおっしゃっていますが・・・

ですがコロナ発生前の世の中の様々なシステムはこれがきっかけで大きく変わらざるを得ない状況となりました。

緊急事態は全国的に解除されたもののまだまだ様々な業種で経営が成り立たない状態が続いています。

復興するまでにはまだまだ数か月、下手をすると数年かかるかも?
という話も出ており、廃業を検討する会社もあるそうです。

良くも悪くもこのウイルスは社会的にも経済的通常のスピードでなく、半強制的なスピードで様々な業種に多大な影響を及ぼし、様々な
アイデアが出て来ました。

ピンチをチャンスに視点を変えれば明るい未来があるかも。