雲の上

量販課:浅井 亮祐

 

10月末に長野県の昼神温泉へ行ってきました。

岐阜県との県境に位置し、大阪から高速で約3時間半で行ける観光スポットです。

昼は標高1800mまでゴンドラで登り、気温が8℃と寒い中、紅葉狩りを楽しみました。

また、雲海を見渡せる絶景スポットもあり、辺り一面凄い雲海を見ることができました。

夜は日本一の星空が見える天空の楽園と呼ばれるところがあり、

家族連れ・カップル・女子会など様々な客層で賑わっていました。

そこでの有料のナイトツアーはガイドさんが星のガイダンスを行ってくれます。

当日は晴れていたので夏の大三角形やカシオペア座、北斗七星に北極星とよく見えました。

また大阪市内では見ることが出来ない流れ星も見る事が出来るので

興味のある方は是非一度行ってみてください。

さて、八百屋さんなのでここで青果物の話を。

長野県の野菜・果物で秋と言えば白菜・キノコ類、果物だとりんご・ぶどうが出回っています。

またこれからだと、昼神温泉のある南信州の特産品・市田柿が出てきます。

干し柿の市田柿はもっちり・ねっとり食感が特徴の食べ物です。

昔から保存食として扱われ、現在ではドライフルーツとしてワインのお供にクリームチーズ

と一緒に食べたり、レーズンやバターと一緒に食べるとおいしく食べれます。

現地の道の駅でも購入することが出来るので、お近くにお寄りの際は是非ご賞味ください。